上宇部校区コミュニティ推進協議会 > 各種団体 > 松の実会 > 母親クラブ



   

 上宇部会館の門松を作りました(平成24年12月)


平成25年 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 夏休みだ!松の実会とあそぼ!(平成24年8月)

夏休み恒例の「映画のつどい」 のほかに、今年は初の試みとなる夏休みの2日間、
子どもたちのための遊びのコーナーを企画・開催しました。


8月9日・・・コインおとし、ブーメラン、なんでもゴルフなど
子どもたちに人気の遊びや工作をしてみんなで盛り上がりました!
コインおとし 楽しい工作 なんでもゴルフ

8月28日・・・竹を切ってそうめんの器とはしを作りました。
最後は、お楽しみのそうめん流しで子どもたちの楽しい夏の思い出となりました。
竹を切って器作り そうめん流し 自分で作った器とはしはおみやげに持って帰りました。


三世代交流ミニ門松づくり (平成23年12月18日)

年末恒例の「三世代交流ミニ門松づくり」を行いました。 前日は松の実会メンバーで、
山から竹を切り出し、大きさを揃え準備をしました。
当日は、自分で作った門松で新年を迎えようと、約70名の小学生と保護者が集まり、
部坂会長とメンバーの指導で、松、梅、扇、水引など縁起の良い飾り付けを施し、
おしゃれでかわいいミニ門松が出来上がりました。

部坂会長から作り方の説明  

  







    
     恒例のボーリング大会・会員の親睦のため
                  毎年行われる行事の一つです      




ヱイヤー!
素晴らしい投げっぷりです



 七夕飾りに夢中になる子ども達
うつしに緊張する顔・顔
       
          
              



        
上宇部校区 青少年健全育成グループ
「松の実会」は、創立50周年を迎えることができました

平成22年2月28日(日)、常盤工業会館にて、
「松の実会 創立五十周年記念式典」が行われ、
半世紀のボランティア活動を振り返り、
50年の活動の節目をお祝いしました。

「松の実会」創立50周年記念式典                
会員全員で、心をひとつにコーラスを披露。




 上宇部校区母親クラブ
「まちの子は みんなわが子」を合言葉に、子どもたちの健全育成を願って、地域ぐるみでボランティア活動する組織です。
------------ おもな活動 -----------

 親子及び世代間の交流、文化活動

 児童の事故防止等活動

 児童養育に関する研修活動

 その他、児童福祉の向上に寄与する活動

----------------------------------
 
活動の一部をご紹介します
ちびっこのつどい 〜しめ飾りを作ろう!〜   (平成25年12月14日)
ちびっこのつどい 〜秋とあそぼう!〜   (平成25年11月2日)
福原史跡公園にて、母子保健推進員会との共催行事「ちびっこのつどい〜秋とあそぼう!〜」を行いました。
 空き箱とストローで作ってどんぐりを転がして遊ぶ「どんぐり迷路」、松ぼっくりとペットボトルで作る「けんだまぼっくり」「どんぐりごま」など秋にちなんだおもちゃを作ったり、小さい子ども達は、ダンボール列車トンネルくぐりで遊びました。
 つどいの終わりには、ホカホカの「焼きいも」が振るまわれ、秋晴れの空の下、幼児から小学生までの親子連れの参加者で楽しい時間を過ごしました。
公園点検 〜公園であそぼ!〜   (平成25年7月27日)
ちびっこのつどい 〜ひなまつり〜   (平成25年2月9日)
 上宇部会館にて「ちびっこのつどい〜ひなまつり〜」を行いました。幼児から小学生の親子、約50名が参加し多肉植物を使ったかわいい「ひなかざり」を作りました。
 はじめに母親クラブメンバーの俣賀さんの指導で、和紙などを使っておだいりさまおひなさまを作りました。とても細かい作業でしたが、できないところは大人の人に手伝ってもらい小さなお人形を完成させました。 

細かい作業が多かったけど
みんな上手に作れました!
みんなかわいい「ひなかざり」の完成です!
 後半は、自分で選んだ器に多肉植物の寄せ植えします。アレンジメントの指導は山陽小野田市のアトリエ「ジェルソミーノ」山本順子先生です。
 器に砂を入れて、小さなひな人形と金紙のびょうぶ、3種類の多肉植物をレイアウトしていきます。最後は色砂をふって約2時間で完成しました。
 多肉植物は、春になるころにはしっかり根がつくそうです。自分で作ったひなかざり。かざりを変えれば一年中楽しめそうですね!

ちびっこのつどい 〜秋とあそぼう!〜   (平成24年10月27日)
 母子保健推進員会との共催行事「ちびっこのつどい〜秋とあそぼう!〜」を行いました。
 会場は、福原史跡公園を予定していましたが、雨天のため会場を上宇部会館に移し行いました。今年も秋らしく、「どんぐりパラシュート」「どんぐりごま」、ペットボトルと広告紙を使ってとってもかわいい「バトン」を作りました。
 つどいの終わりには、毎年みんなが楽しみにしている松の実会メンバーによる「焼きいも」が振る舞われ、みんなで秋の日のひとときを過ごしました。

ちびっこのつどい 〜鬼は外!福は内!〜   (平成24年1月29日)
 上宇部会館・別館にて「ちびっこのつどい〜鬼は外!福は内!〜」を行いました。
 前半は、チャーミング・アートによる「コミカル☆バルーンショー!」。ピエロのバンバン&モモコ一家が繰り広げる愉快で不思議な世界に子ども達はどんどん引き込まれていきました。目の前で次々と形を変えていくバルーンは、クイズに当たった子ども達にプレゼントされました。 
バルーンでスヌーピー! 恐竜!! 風船の中に人が入ったよ! 巨大バルーン出現!
 バルーン・ショーを楽しんだ後は「恵方巻きを作ろう!」節分恵方巻きの由来などお話しを聞いた、海苔の上に酢飯を広げ、かんぴょう・卵・きゅうり・かにかまなどの具をのせて、巻きすでくるくる巻きあげ、みんな上手に恵方巻きを作ることができました。今年は北北西に向かって一言もしゃべらずに食べると縁起が良いとされています。
 まだまだ寒い日が続きますが、節分を過ぎれば立春。春が待ち遠しいですね!
恵方巻きを作ります 親子で協力! 巻きすを使うのは初めてです 上手にできたよ!

   ちびっこのつどい 〜秋とあそぼう!〜   (平成23年10月23日)
 福原史跡公園にて、母子保健推進員会との共催行事「ちびっこのつどい〜秋とあそぼう!〜」を行いました。
 どんぐりをおもりに使った「どんぐりパラシュート」、松ぼっくりとペットボトルで作る「けんだまぼっくり」「どんぐりごま」など秋にちなんだおもちゃを作ったり、小さい子ども達は、ダンボール列車トンネルくぐりで遊びました。
 つどいの終わりには、松の実会メンバーによるホカホカの「焼きいも」が振るまわれ、秋晴れの空の下、幼児から小学生までの親子連れの参加者で楽しい時間を過ごしました。
「ようこそ!」葉っぱの飾りつけでお出迎え! パラシュートに絵を描く。何を描こうかな? 次は何を作る?子ども達は好奇心旺盛! どんぐりごま。上手く回るかな?
「トンネルくぐり」1人で出来たよ! 高く上がったパラシュート! ほっかほかの焼きいもが完成! 親子連れで賑わった福原史跡公園

会員は小さな子どもを持つお母さんばかりではありません。地域の児童健全育成に関心のある方ならば年齢・性別を問わず、どなたでも入会できます。お父さん、お兄さん、お姉さんなど、多くの方々の入会をお待ちしています。
上宇部校区「地域安全づくり事業マップ」
 >>>こちらでご覧になれます




松の実会では、現在会員を募集しています。一度覗いて見ませんか?
定例会は、毎月第1土曜日の19時から
上宇部会館で行っています。

         
お待ちしています




各種団体ページへ