特集「寺の前自治会」の活動

 寺の前町の荒神さま

 4月16(日)に、荒神社祭が開催されました。
 宇部発祥の地といわれる寺の前町(宇部高等学校横)の大井さん
宅庭に小さな社があります。
 寺の前町の人達が毎年4月にお祀りをしている荒神さまです。
 その昔、このあたりでは、しばしば火事があったので火難よけの神様として祀ったものです。
 鳥居には、江戸時代末期の天保の文字があり、1830年代から現存する歴史のある社であります。
 日露戦争の凱旋の石碑もそばにあり、戦時中は、小学校の子ども達が毎日掃除に来ていたそうであります。